読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office MAIKO国語専門塾のつれづれ日記

Office MAIKOが思いついた時に書き記します。きっと、なかなか更新されません(苦笑)

紅白を見ながら・・・

紅白、スゴイ!!

坂本さんの豪快な桜吹雪を一瞬でキレイさっぱり片付け、嵐のあの演出!
リアルタイムな生放送映像にCGを重ねるなんて((((゜д゜;))))

さすが紅白!!
さすがNHK!!

和田アキ子さんが必死で涙をこらえて歌ってる姿には涙しました!
和田さん、リハは号泣してはったそうですね。本番は、歌い手のプライドにかけて、泣かずに歌い上げる、とご自宅で森さん勘三郎んの写真に誓ったとか…

やっぱり、紅白は、日本人の心のふるさと。年々、紅白が沁みる。それだけトシを取ったってことなのでしょうか(^^;)

この紅白の舞台裏では、6000人ものスタッフが私たちの「年末の娯楽」を支えてくれているそうです。
出演者のように歓声を浴びることもなく、裏方に徹して私たちに感動を届けて下さってるNHKの人たちにも感謝して・・・

近年は、紅白での「やりすぎな演出」(DJナントカさんの裸もどき、とか)が物議を醸しました。ゴールデンボンバーさんのリハ取材での発言など、今年も心配事が多くありました。
が、結果的にゴールデンボンバーさん歌唱中の「演出」は見事だった!
NHK、あっぱれです!

初出場の美輪明宏さんの歌には、紅白へのリスペクトも感じられました。
なんだかんだあっても、50年以上も日本の年越しを演出し続けてきた国民的長寿番組の「紅白歌合戦
今は、出演者の選考方法にも多方面から文句が出ていたり、お声がかかってもご自分のカウコンを優先したり、と、その「地位」も揺らいでいるけれど、激動の昭和を生き抜いてきた美輪さん世代にとっては、やはり特別な思いもあるのでしょうね。
昭和世代の「紅白」への思いをすべて背負っての歌唱とお見受けしました。

いろんなことを感じながら拝見した、今年の紅白でした!