読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office MAIKO国語専門塾のつれづれ日記

Office MAIKOが思いついた時に書き記します。きっと、なかなか更新されません(苦笑)

9月11日に思う

今日は、9月11日です。


2001年9月11日から、丸13年が経過しました。

2011年3月11日からは、3年半が経ちました。

世界中がテロの恐怖におののき、心から平和を祈った9・11

大自然の脅威を目の当たりにした3・11。

 

高校生にとっては、13年も前の出来事は「教科書の中の」「歴史的な出来事」かもしれない。
四国に住んでいる高校生には、「遠い」東北の今を想像するのは難しいかもしれない。

 

それでも、私は、生徒に考えてほしかった・・・

何かを、思ってほしかった。

だから、今日は、国語の授業をちょっと離れて、生徒といろんなお話をしました。

 

そして、最後に、語りかけました。

「君たちは、今、ここで、生きてる。

 生きて、夢を語れることの幸せをかみしめて欲しい!

 夢を、しっかり語って欲しい!

 夢は、「諦めたとき」が夢破れたとき。

 諦めなければ、夢破れることはない。

 夢を捨てるのは、あなた自身なんだよ!

 私は、今、君たちよりも倍も年を取っているけれど、

 大きな声で夢を語る! いつか叶うと信じて、語る。

 語ることで、応援してくれる人に出会える。

 語ることで、夢に向かって努力し続けられる。

 語ることで、夢が少しずつ、自分に近づいてきてくれる!

 だから、夢を語って欲しい。

 かなえたい夢があっても、もう語ることさえできない人の分まで、

 志半ばで亡くなっていった人の分まで、夢を見てほしい。」

まずは、私から、と言って、私が夢を語りました。

次は?

・・・今日、授業に来てくれた生徒全員が、びっくりするような大きな夢を、しっかりと前を向いて語ってくれました! 感動して、泣きそうになった!!!

 

「夢をもてない さとり世代」と言われる現役高校生たちですが、

今日、私の教室では、お互いに顔を見合わせてビックリしあうぐらい、

大きな夢を、みんなが語ってくれました。

 

今まで、誰にも話せなかった夢。

両親に反対されて、一度は諦めかけた夢。

「現実」に折り合いをつけて、捨てそうになっていた夢。

 

みんながそれを、大きな声で、語ってくれました!!!

日本は、大丈夫だ! みんな、夢に向かって、がんばれ!

 

私も、がんばるp(^▽^)q