Office MAIKO国語専門塾のつれづれ日記

Office MAIKOが思いついた時に書き記します。きっと、なかなか更新されません(苦笑)

子供に「安全に失敗できる」環境を

「あなたのためを思って言ってるの」という殺し文句は、
文字通り、時に子どもの「夢」や「可能性」を
「殺」してしまうフレーズです。

子どもが失敗しないようにと、先回りするのではなく、
上手に失敗させてあげられる大人でいたいものです。

 

こちらは、私の尊敬する「教師」の一人、
島根県の長谷剛先生がお書きになった記事です。
ぜひお読みください♡

www.sankeibiz.jp